換気扇の掃除は骨が折れる|強力洗剤でピカピカになる

レディ

頑固な油汚れを落とすには

メンズ

重曹があれば十分

年末の大掃除は普段行わないところを掃除しますが、普段行わないところとはすなわち面倒なところとも言えます。特に油汚れは頑固であり落としにくいので、しっかり汚れを落としたいところです。油汚れというと換気扇やシンクがあります。シンクはスポンジなどでササっと手軽に掃除ができますが、換気扇は一々取り外さなければなりません。大変面倒ですが、換気扇は火に近いので、こびりついた油に引火して火災を引き起こす要因となります。清潔に保つこともそうですが、火災防止のためにも換気扇の汚れ落としはやっておかなければなりません。換気扇の分解は家族で機械に詳しい人に任せるか、説明書を保管しておいてそれを確認しながら作業をすすめていきましょう。換気扇はたくさんのネジで固定されていますが、油でネジ穴が塞がってたりネジ山が潰れてドライバーが穴に入らない場合があります。その時には、市販で売られているネジはずし液を使うと外れやすくなります。分解したら作業しやすい場所に持っていき掃除を始めます。換気扇用の洗剤はたくさん出回っていますが、一番お勧めなのが重曹です。色々と洗剤を使い分ける方もいますが、洗剤は重曹だけあれば事足ります。重曹を水で溶かして、スプレーで吹き付けて汚れを取り除きます。汚れが酷い箇所には重曹ペーストをつくります。重曹ペーストは重曹2に対して、水1の割合で混ぜることでドロドロのペースト状になります。それを汚れの箇所に塗りつけ、30分ほど放置すると汚れが綺麗に取り除けるのです。布や固い紙で拭き取ると驚くほど落とせますから、一度試してみてください。作業する時には、洗剤が手に付かないようゴム手袋をつけて行います。こする道具はたわしでも良いのですが、使用済みの歯ブラシが良いでしょう。ブラシの適度な固さは十分に汚れを落としてくれます。これらの道具を使えば、頑固な換気扇の掃除も楽に行えますよ。